スタッフブログ

批判、本能、反省etc、、、

大変な地震後、皆様お元気でしょうか?

連日、ニュースでは、地震や津波のほかに原発事故の状況が流れています。

昨日、携帯の田尻賢、治療家甲子園理事長のメルマガの一部と私の意見です。

――原発事故に関して大事なこと

「誰かを批判をしない。

意識しないと、ついついそうなりがちです。
国が…行政が…東京電力が…

そうじゃないです。
みんな限界までやってます!

では、自分は? とにかく、批判はプラスの感情を産まないですね」――

避難生活や、不便な生活を強いられると、誰でもついつい誰かを標的にして鬱憤を散らしたくなりますよね。

原発を作ったのは、東京電力、その政策は国です。

では、快適な生活を送るために、より多くの電力を欲しがったのは誰でしょうか?

東京をはじめ、関東地方のお客さんですよね。

しかし、東京に限らず、電気のある快適な暮らしを送っていたのは、東北の人たちも全国の人たちもみな同じだと思います。

原発の立地を決定した背景は、いろいろあるでしょうが、ここではひとまず置いておきます。

問題にすべきは、人間の限りない欲望についてです。

人間は一たび、美味しい物、快適なことなどの快感を覚えてしまうと、さらに美味しい、さらに楽しい、さらに快適なものへとどんどんその欲求のレベルが限りなく上がっていきます。

昔は、暖をとるにしても、蒔きやストーブだったものが、エアコンをはじめオール電化などへと、どんどん電力が必要な生活に変わって来たわけです。

その流れは、誰にも変えることは出来ません。

なぜなら、人間の本能だからです。

先般、石原東京都知事が、今回の地震は「天罰だ」と言って批判を受けましたが、被災者の方に対して言ったのではなく、人間の深い本能、あるいは煩悩、欲望、我というものに対する、、地球、宇宙からの警告のようにも思えるのです。

一たび便利で快適な生活に慣れてしまった現代人は、電気、水、ガソリンなどを湯水の如く使い、垂れ流していたように思われます。

太陽など宇宙の偉大なエネルギー、天の恵、自然の営みなど目に見えない大きな力によって私たちは生かされています。

今回の地震と原発事故の教えは、今までの本能を満たすための生活から、自然に感謝し自然と共に生きる生活へとその方向転換する必要性を示唆しているように思えました。

もう一度、大自然と共に共存共栄ができる生活を考えなければならないと思っています。

原発事故が収束したら、次は、人間のわがまま、欲望をどれだけコントロール出来るかですね。

こちらの方が、大きな問題かもしれませんね???


背中を押す

心配症(あえて症と表現します)の人は、起きもしないことを先々に心配して、あーなったらどうしよう、こうなったらどうしようなどと、次々に自分で多くの心配ごとを作り、心を痛めてしまいます。

また、本当に真面目な人は、完璧を求めるため、失敗を恐れ、リスクを避けようとします。

日々の生活の中では、目の前で、自分でやるかやらないかを決めなければならない事が多々あります。

そのような時、心配症の人と真面目な人は、無難な方、リスクの少ない方を選びます。

人生を楽しんだり、常に進化をしようとする人は、やるかやらないかを決めなければならない時は、一歩踏み出して『やる』のだそうです。

でも、人生には危険がつきものです。

一歩踏みだしたその先が、崖だったらどうでしょう?

当然、落ちてケガをするかもしれません。

でも、落ちないと、その痛さはわかりません。

ケガをしたら、その時は、治療をすればいいわけだし、人の痛みも感じ取ることができるようになるわけです。

人生を楽しんだり、常に進化をしようとする人は、一歩踏み出して『やる』、、ですが、そんなに簡単なことではありません。

なら、どうすれば??

やるかやらないか迷った時は、まず、いったん、自分から離れて、自分の後ろにまわり、後ろから、ポンと背中を押すのだそうです。

そうすると、いやでも前に出るしかありません。

人生を楽しむ事ができる人とは、後ろから、ポンと背中を押す、、。

それだけなのだそうです。

出てしまったら、やるしかないのです。


縁から円に

この4月から5月にかけては、多くのセミナーや行事などを通して新たな人との関係が広がっています。

5月16日(日)は「治療家甲子園」という治療家の全国大会で優勝した星野先生のお話しを聞く機会がありました。

お話の中で、「社会的成功と人間的成功」があり、社会的成功というのは、他人との戦いに勝つことであり、人間的成功とは、仕事以外でも夫婦や家族との幸せや人間的な魅力に満ち溢れている様な生き方のことだということでした。

社会的にも人間的にもバランスがとれている事がだいじだということですね。

お話しの後、懇親会がありました。初めて出会った方々との名刺交換をした後、歓談となりましたが、縁の広がる人縁が広がらない人の差は何かという話になりました。結局は、初めての出会いをどれだけ大切にする事ができるかということになりました。

帰り道に自分で考えました。

一人との一人の出会いは一本の直線。

さらに一人を紹介されると、その線は三角形に。

そこに一人が加わると四角形に

さらに、、、一人増えるごとにその形は、限りなく輪になり、円形になっていきます。

出会いが増えれば増えるほど、人は丸くなり、人に育てられ、大きくなっていくのだな―、と1つくづく感じた次第です。

一つのご縁は大きな円に繋がるきっかけとなります。

毎日毎日のいろんな人とのご縁が、自分を大きくしてくれるきっかけとなっているのだと考えると、毎日毎日がとてもありがたい感謝の日々に思えてきます。


渡邉先生の結婚式

1月30日に当院から昨年独立した渡邉よしみ先生が結婚されました。
お相手は環境に優しい農業を目指している好青年です。
よしみ先生は、市内の郷野目で、一年前に「メイプル接骨院」を開業しています。
お二人共、最高に輝いて見えました。
祝辞は「男は大好きな人に、たくさんほめられると、どんどん自信をつけて素晴らしくなる。
逆に悪いところや、細かいことを何度も言われると、つまらない男になってしまう。
だから、ご主人の良いところをたくさんほめて下さい」と男の代表としてお話させて頂きました。
まずは、めでたし、めでたし!                     


アンチエイジング学会に参加して

――アメリカのウィスコンシン大学の研究から――

20年間の2匹のアカゲザルの比較

下の写真左は、普通の食事を与え、右は必要な栄養は変えずに、カロリーだけを30%低い食事を与えた。

アンチエイジング-アカゲザルの比較

『アカゲザルを使ったカロリー制限に関する20年間の研究により、低カロリーの食事が、霊長類の新陳代謝に変化を及ぼして延命効果を高めるという、現時点で最も有力な証拠が提示された。この手法は人間にも同様に効果があると思われる。カロリーの値は標準的な値より30%低いが、十分な栄養のある食事が与えられたサルは、その多くが、心臓病や加齢に関わる他の病気に見舞われずに済んでいる。』

つまり、同じ年齢であれば、継続してカロリー制限をした方が、元気に生きることができるという証しなのです。腹八分ということですね。

次に、喫煙習慣の有無の一卵性双生児の比較です。

どちらが喫煙習慣がある方か一見でわかると思います。

アンチエイジング-喫煙習慣の比較

20年間で老化度が全く変わってしまうということですね。

長年の食事や、喫煙など生活習慣の違いで、大きな差が出てしまうということですね。

アンチエイジングを勉強するということは、まさに、生活習慣を勉強するということになります。セミナーの中で、「自分でアンチエイジングが実践できない人は人に指導ができない」と講師が言われました。

私の隣に座っていた当院の○○先生は、少しメタボなのですが、「今日のセミナーは、自分のことを言われているみたいだと」何度もうなずいていました。

そして「私は、明日から、アンチエイジングの実践者⇒アンチエイジャーになる」

と宣言したのです。数ヵ月後の姿が楽しみですね。




楽な考え方

ある友人の話です。

家族四人でスキーに行った帰りのこと。

疲れた体で高速道路を走行中に、ふと居眠り運転をしてしまったそうです。

気が付いたら、大きな衝撃と共に右側のガードフェンスにぶつかり、その反動で、左側のガードフェンスにぶつかってようやく車が止まったとのことです。

車は当然、ボコボコになったものの、乗っていた自分も家族も、無事だったそうです。

車は、なんとか自走できる状態だったので、そのまま自宅まで運転して帰ったそうです。

その夜は、家族で祝杯を上げ、みんなで体の無事を喜び合ったそうです。

かんぱーい!

壊れた車は、新車のキャンピングカーで、普通なら、「まいったなー」とか「なんで居眠り運転したの」とか、気まずい雰囲気になったり、落ち込んだりする人が多い中で、この家族は、事故にあったにもかかわらず、無事を喜び合える感性を持ち合わせているのです。

起きた現象は同じでも、どう受け止めるかで、喜びにもなるし、悲しみにもなるという一つの例です。

同じ毎日を過ごすなら、この家族のように、ものごとの良いほうだけを受け止め、楽に楽に過ごしたいものですね。


うれしい話

 1月6日の夜のこと。

 少し早めに診療が終わり、スタッフの人たちが帰り始めた時のことです。

 裏の出入り口から、かわいい赤ちゃんを抱っこした女の人が、「こんばんはー!」と顔を出しました。

 以前、当院にかかっていた患者、中村さんでした。

 私:「いやーしばらくぶりーッ。この赤ちゃんだねー。良かった、良かった、良かったねー!」

 中村さん:「皆さんに生まれた子供を見せに来ようと思っていたけど、なかなか来られなかったので、今日タイミングをみて来ました。」とのことでした。

きくち接骨院での治療により不妊を乗り越えて妊娠出産された中村さんと赤ちゃんの写真

 当院は、接骨院ですが、以前から、不妊の方が温熱療法を続けて妊娠に成功した多くの報告を受けています。実は中村さんは、結婚してしばらくたっても、子供さんに恵まれず、ずっと悩んでいました。また、肩と腰の痛み、冷え症の悩みもありました。中村さんは、当時、仕事の疲れやストレスがあり、全身の血流、自律神経、ホルモンの流れが停滞した状態でした。まずは、血流改善と心のリラックスが大事と考え、全身の温熱療法とマッサージを続けました。

 そして、昨年、「ついに妊娠した」との報告を頂きました。その後、どうしたかなと思っていたところ、この度、生まれた赤ちゃんを見せに来てくれたのです。その日は、スタッフも私も、大喜びで中村さん親子を治療室に迎え入れ、みんなで赤ちゃんを中心に話が盛り上がりました。赤ちゃんの名前は茉央ちゃんと付けたそうです。家族中の話題を一人占めにして、みんなから愛されている姿が目に浮かびます。

 その日の夜は、家内と赤ちゃんの話題を肴に、美味しいお酒を頂きました。めでたし、めでたし(^u^)

 この仕事は、肉体労働、そして精神労働でもありますが、うれしいお話を聞くと、その瞬間に全ての疲れがスーッと吹っ飛んでしまうのです。本当に有り難い仕事だと思っています。患者様に感謝です。


このページのTOPへ