スタッフブログ

人を許す

経営者が勉強する、ある勉強会での出来事です。

重要なポストにある二人の役員間に、大きな溝があることを感じていました。

ある時、ある役員の家族に不幸がありました。

 

二人のうちの一人が、会員に葬儀の連絡や、花輪などの手配をするはずでした。

ところが、その役員は、大きなミスを犯してしまいました。

会員の仲間達に、葬儀の時間を間違えて連絡をしてしまったのです。

 

私も、葬儀の会場に向かいましたが、葬儀は五分もたたないうちに終わりになりました。

参加した会員達は、皆、遅刻したことになり、大変恥ずかしい思いをしたのです。

 

式場をあとにした時、もう一人の役員は、怒り心頭となってしまいました。

「メンツも立場もあったものではない!」と大剣幕でした。

 

その後、感情が収まりきれず、普段の不満も含めて、我慢の糸が切れてしまい、会議でも感情むき出しになってしまいました。

責められた片方の役員は、耐えきれず、役員を辞任すると言い出しました。

 

責められた本人が不在の役員会で、私は、次のようなお話しをさせて頂きました。

 

「私も実は、大変な忘れん坊です。

もし、私が同じ立場だとしても、彼と同じようなミスを犯してしまう可能性は十分あります。

人は誰でも完璧な人はいません。

彼がやめたとして、代わりに誰かがその役に着いたとしても、ミスを犯してしまった時、許されないならば、誰も役職を引き受けるのを嫌がることでしょう。

どうでしょうか?

今回の件は、水に流して、彼の良い点を見直せば、、、今までも、会員のために沢山の貢献をしていることだし、、、。

それよりも、そんなことで、いちいち役員が辞めることになれば、役員会の器が問われることになるのではないでしょうか?」

 

数日後、ミスを犯した役員から、もう片方の役員にお詫びの話があったようです。

直ぐに、その役員から私に連絡があり、「自分も自分のことでいっぱいでした。誤りの言葉をいわれ、ハッとしました。

仲よくやるのが一番ですね」

 

その話を聞いて、私の中の天気図は、曇り空が一気に晴れ渡りました。

 

人を攻めるのではなく、人を許すこと、

 

人を許すと、一瞬で、ものごとは解決するようですね。

 

 


管理人にのみ公開されます


-->

このページのTOPへ