スタッフブログ

ボランティア

 

震災以後3月4月5月とボランティアで避難所に行っていました。

以前の私は、ボランティア活動というと、どうも偽善的な響きがあって、自分の中には戸惑いがありました。

自分は、聖人君子ではないし、正義の味方でもない。ただただ普通の人間だから、急に善人ぶることは、取ってつけたようになってしまう、、、と。

ところが、今回の震災で、そんな思いは一瞬にして変わってしまいました。

考えているヒマがなかったのです。

考えるヒマがあったら、まずは動けということになってしまったのです。

まず、原発事故の夜、急きょ従業員の家族が深夜に避難してきました。

突然、当院はその夜臨時避難所となりました。

なんとか一夜を過ごして頂きましたが、着のみ着のままで避難してきた方々からは、たった一晩だけなのに、皆さんから感謝の言葉を頂きました。

また、ドタバタしていたその夜、親戚から訃報が入り、急きょ駆けつけることとなりました。

 地震の2日後には、電気、電話、携帯、ガス、水道、暖房、食料、ガソリンなどないないづくしの中、近くの避難所から、急患を診てほしいとの依頼がありました。

骨折の患者さんでしたが、それがきっかけとなり、避難所には、多くのけが人や体を痛めた方が沢山いることがわかり、その日から、避難所に、ブ―スを設けてボランティアの治療所を始めることになりました。

また、親戚、友人、などが次々に被災、避難していることがわかり、なに不自由なく、普通にごはんが食べられ、温かな布団で寝ている自分に気付いた時、自分も何かしなければという思いが強く湧き上がりました。

今の自分にできることは、物資でも、お金でもなく、直ぐに出来ること、、、それは、怪我や、痛みの治療と癒しを提供すること、、、。

それから、あちこちの避難所に出向くことになりました。

被災者の生の声を聞くにつれ、新聞やテレビを見て思いを馳せるヒマがあったら、直接現場に出向いて、話を聞いたり、何かしら行動を起こした方が早いことがわかりました。

ストレスや痛みを抱えている方々は、自分の話を聞いて欲しい、わかって欲しいという思いがあります。

また、それとは逆に、そっとしておいてほしい、一人の時間と空間が欲しいという方々もいらっしゃいます。

いろんな方々と関わり合うこと、即ちそれが実践であり、人のためだけではなく、気付いたら、狭かった自分の了見が少しづつ広げられたような気がしています。

案ずるより産むがやすしといいますが、行動すると、いろんな気づきを頂くことができます。

たいそうなことをするのではなく、自分にできることを気負わずに、ただただやり続けることが大事なんだと思いました。


管理人にのみ公開されます


-->

このページのTOPへ