スタッフブログ

被災地で、、

20110501153323

column
今日(5月1日)はいわき市の小名浜に来ています。
治療家甲子園で知り合った京都の「のぞみ鍼灸整骨院」の小嶋院長、小川先生、森田先生と湯本高校の避難所へ治療のボランティアに行ってきました。皆さん、自費で、福島の人たちのお役に立ちたいと来てくれたのです。

20〜30代の若い先生方です。自分のことだけで精一杯という人たちが多い中、頭が下がる思いです。
治療ボランティアの後、被災地に出向いてみると、がれきの中にポツンと小さな新しい三輪車とクマのぬいぐるみが落ちていました。

はたして、持ち主は元気でいるのかどうなのか?
複雑な気持ちになりました。被災地には、たくさんの思い出やドラマがたくさん落ちていました。
見ているだけで、胸が痛くなりました。

季節は、まばゆい新緑でいっぱいなのに、いわきの春は、3月11日で止まったままです。


管理人にのみ公開されます


-->

このページのTOPへ