スタッフブログ

見えること見えないこと

この連休に朝早く畑仕事をやりました。

梅雨明けにとなり、朝から気温が30℃を超えていました。

予定が入っていたので、早く済ませてしまおうと思い、ピッチを上げて、マメトラで畑を耕しました。

あっという間に汗が額からだらだら流れ落ちて、景色が曇ってきました。

メガネが曇ったのかと思い、レンズを拭きましたが、曇りは取れませんでした。

原因は汗だったようです。整髪料も染みたようです。次第に両目が痛くなって来ました。

無意識に目をこすっていたのかもしれません。

目の汗をぬぐっても、曇りは晴れないどころか、だんだん痛みが増して視界も狭くなって来ました。

帰りの車もやっとの思いで運転して帰りました。

翌日、眼科を受診したら、角膜に傷がついていたとのことでした。

まぶたが開けにくくなり、パソコンや太陽の光を見るとまぶし過ぎて、目が痛くなるのです。

しばらく目を閉じて、いつもより早めに寝ることにしました。

一日ごとに症状が改善して、今日現在は、8割程度まで回復しています。

今回思ったことは、最初は、周りが見えないことで不便やイライラを強く感じましたが、次第に見ることをあきらめました。

すると、小さなことが見えないため、周りのことが余り苦にならなくなりました。

普段は見え過ぎて、心配したり、イライラしたりすることでも、見えないために、気にならなくなることはたくさんあるのだということを

つくづく感じました。

一般的に、見え過ぎる、聞こえすぎ、考え過ぎるためにストレスを感じてしまうわけですが、たまには見ないこと、聞かないことも、体を休める上では、大切なことなのだと思いました。

まさしく、日光東照宮の陽明門にあるサルの彫刻、「見ざる、言わざる、聞かざる」が人間関係をスムーズにする上で大切なのだという教えを思い出しました。

見え過ぎる、聞こえすぎる、言い過ぎることよりも、全てホドホドがいいのかも知れませんね。


管理人にのみ公開されます


-->

このページのTOPへ