スタッフブログ

心のチチンプイプイ

「矛盾に耐えること」・by立川談春

 

落語家、立川談春師匠は、その著書「あかめだか」の中で次のようにべています。

 

談志師匠の下で修行中、池の掃除を命じられた時のこと。

泳いでいた金魚をすくい上げた時、

「おい、その魚は何だ?」と師匠に聞かれ、

 

 

すかさず
「金魚にございます」と答えました。

 

 

すると、
談志師匠は、

「ちがうだろ!それは、あかめだかというんだ!」
と言われ、一発で正しい自分の答えを否定されたのです。

 

 

確かに、金魚は金魚であるが、メダカが大きくなって赤くなれば、金魚のように見えなくもない、、、、。

 

 

昔、自分が接骨院で修行中に先輩から言われたことを思い出しました。

「師匠が黒と言ったら黒、白と言ったら白、それ以外はない」

 

 

つまり、自分の考えにこだわったり、師匠の批評をしていたら、修行にならないということです。

 

 

世の中には、自分の思い通りにならないことや、多くの矛盾、理不尽なことがあります。

 

談春は、それに耐えることと言っていますが、
いちいち気にかけていては、身が持ちません。

 

 

もうひとつの選択肢があるように思います。

 

矛盾や理不尽なことは、
サラリと流してしまうに限ります。

 

 

私のオススメのおまじないがあります。

 

「しょうがない、しょうがない」と何度もつぶやいて、 気持ちの切り替えをするのです。

 

すると、

矛盾や理不尽なことは、どうでもよくなってしまい、心がリセット出来るのです。

 

「心のチチンプイプイですね」


管理人にのみ公開されます


-->

このページのTOPへ